読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精神性ハンバーグのレシピ

 あたし綿矢りさになれない。浅野いにおのクソサブカル漫画。装丁のかわいい綿矢りさの文庫本。いちばんかわいいのは、勝手にふるえてろの装丁。江國香織の文庫本の装丁もきれいでかわいい。
 せかいはすぐそこにあったんじゃなかったの。こんな悪夢終わらせてって、わたしが泣いても喚いても、おわんないの、きみならわかる?
 わたしちょっと、こわくなったの。いまさらだけど、人間のことあんまりかんたんに信用しちゃだめなのかもって。でも、ふれてみたいんだもの、柔らかい部分、みせてよ。柔らかい部分見せてもらうかわりに、わたしも柔らかい部分見せなきゃ、そうしたらしっぱいするの、わたしの柔らかいところだけ持ってっちゃうのね、そっかふーんって知らんぷりするのがいちばんなのはよくわかってます、でもわたしまだきみの柔らかいところみせてもらってない、から、くやしくてかなしくてだいすきで、どんどんへんなことになっちゃって、あーあ、やだな。
 はやく自殺したいな。レモン味の飴舐めながら自殺したい。こんなくだらないきたない自分を単純計算であと60年もみつづけていかなきゃならないなんてむりだもの。なんにもいらないからさ、もいっかいキスだけして。わたし、自分が人間だっておもったことない。だからわたし人間じゃないんだ。薬だってきかない。本気でそう思ってたし、たまに思う。むかしみた、ロボットの映画のせいだと思う。自分を人間だと思い込んでるロボットのはなし。そのときのわたしは、わたしもそうなんだきっとそうだって思って泣いたの。お母さんもお父さんもそんなわたしをみてわらってたけど、ほんきだったんだ。
 きみの精神性をぐちゃぐちゃにしてやるのがとうぶんのわたしの夢。ぐちゃぐちゃにして、かき混ぜて、こねて、丸めて、焼いてハンバーグにしてたべてやるから。そのためだったらわたしたいていのことしてしまいそう。泣いてる君に無理やりたべさせるよ、きみの精神性ハンバーグ。そのかわりわたしのこともぐちゃぐちゃにしてくれちゃっていいよ、ハンバーグはかわいくないから、せめてパンケーキにしてよね。きっと甘い。あーあ、あー、あ、きこえてる?